家族葬は、亡くなった方の家族や親しくしていた方だけで故人をお見送りする方法で、比較的小規模に行われるのが特徴です。葬儀に参列できるのが家族だけという訳ではなく、親族や親しくしていた友人、故人の葬儀に参列したいと考えている方であれば、誰でも参列することができます。近年は核家族化が進んでいることもあり、このような小規模での葬儀という形も一般的になってきました。家族葬を急ぎで執り行わなければならなくなった時、遺族の気持ちの整理がつかないままにさまざまな準備、手続きを行わなければなりません。そのような場合は、誰か頼りになる人に間に入ってもらい、落ち着いて冷静に考えて、地元で家族葬の実績がある信頼のおける業者を選んで納得のいく葬儀を行えるようにしていくことが大切です。

家族葬を急ぎで行う際に知っておきたい流れ

家族葬を急ぎで行うことになった場合、故人がどこで亡くなったかによっても手続きの流れは異なります。自宅で亡くなった場合は、かかりつけの医師に死亡診断書を作成してもらいます。かかりつけの医師がいない場合は、警察または消防署に連絡を入れます。病院で亡くなった場合は、死亡診断書を作成してもらい、病院の費用を清算します。葬儀会社に手配して、ご遺体は葬儀を行う会館または自宅に安置して、葬儀の日取りや段取りについて葬儀会社と打ち合わせを行います。家族葬という形で葬儀を行うにしても、故人の遺志や遺族や親族の意向なども大切ですので、関係者でよく話し合いをしておく必要があります。葬儀に向けては、故人の遺影を準備することが必要ですので、故人の人柄が偲ばれる写真を選んでおきましょう。

家族葬を急ぎで行う場合にしておきたいこと

家族葬を急ぎで行う必要がある時でも、24時間対応を行っている業者もありますので、こちらの意向を汲んでもらえるでしょう。最近では、諸事情により小規模の葬儀を行うケースも増えてきています。心の準備などが無いままに行わなくてはならず、準備が必要最低限となってしまうケースもありますが、故人を見送る方の気持ちがこもっていれば、問題はありません。葬儀にかかる費用は業者ごとに違いますし、どんなオプションを付けるかによっても変わってきます。急ぎで葬儀を行うにしても、遺族間で最低限のことは確認しておきたいものです。家族葬は、遺族を中心とした小規模の葬儀ですが、もしお知らせすることが可能であれば、故人と親交のあった方にはお知らせをして、一緒にお見送りできるようにすることも大切です。