考えたくない事ではありますが、ご家族が急に亡くなってしまった場合などに予期せぬ葬儀を行わなくてはならない事もあります。その際、家族葬を行うと決めた時には急ぎ病院から搬送しなくてはならない、もしくは警察署から搬送しなくてはならない、なんて状況になってしまっている可能性も十分にあり得ます。そういった状況になった時に、どこまで迎えに来てもらえるのかというと病院でも警察署でも、依頼があれば安置場所まで寝台車で迎えに来てもらえ搬送してもらう事ができます。希望であれば安置場所も自宅以外を指定できるので、直接お寺へなども搬送可能です。そもそも葬儀屋さんというのは、どの様にそのタイミングで決めるのかを迷う人も多いでしょう。入院されていた場合などに病院から紹介された葬儀屋さんへそのまま依頼する事になる、という方もいますが必ずしも紹介された葬儀屋さんを選ばなくてはならないわけではありません。

家族葬を急ぎで行う際に葬儀屋を決めるタイミング

急な葬儀になってしまった場合、家族葬にする事が故人の遺志で決まっていたとしても、実際に葬儀屋さんをどこに依頼するかまでは決まっていないという場合も少なくありません。そして病院や警察署などから急ぎ搬送する流れとなった際に、依頼するのか決め兼ねている葬儀屋さんが搬送をしたとしても、その後に実際の葬儀は別の葬儀屋さんへ依頼する事ができます。ただし搬送のみの依頼となった場合に高額な請求がきてしまう事もあるので、できればタイミングとしては、個人が元気なうちから事前に相談しておけるといいでしょう。ここから流れとしては搬送されてきた故人の安置場所を用意しておかなくてはなりません。ご安置用には布団が必要ですがもちろんベッドでも可能です。安置する際には葬儀屋さんによって枕飾りや保冷剤などの処置が必要となるので、事前の準備で忙しくはなりますがなるべく同席できる人を用意しておくようにして下さい。

家族葬を急ぎ行う際の手続きなどの順番

故人のご安置場所が決まったら、斎場や寺院などに親族が宿泊するのかの有無も決めなくてはなりません。その為親族への連絡も早急に必要となります。信仰する宗教などによってお通夜から告別式までの日程も決定しなくてはならず、それらを踏まえて斎場もしくは寺院へ連絡し場所を確保するようにしましょう。その後葬儀屋さんや斎場と相談し家族葬の葬儀内容を決め見積もりの確認、不十分な内容でないか、不必要なオプションはないかなど細かくしっかり確認して下さい。不慣れな事も多いでしょうが、急ぎだからと言われるままに内容を決めてしまうと、後に高額な請求がきてしまう可能性が高くなるので注意して下さい。役所への手続きも忘れてはいけません。葬儀屋さんが手続きも行ってくれる場合もありますが、そういった作業は有料オプションの事が多いので、死亡診断書の提出や新聞への告知など、できることは自分でやるようにしましょう。