自分や家族が亡くなるという悲しい出来事は、誰しもが考えたくないことなので、いざという時の用意をしていない方も多いと思います。また事前に自分が亡くなった時の備えをしている人でも、いざその時が来ると家族は平静でいられないため、さまざまな連絡や手続きが遅れたり漏れたりすることもあります。家族葬を急ぎで執り行いたい方は、一般的に葬儀会社は24時間年中無休なので、真夜中でも連絡をすることができます。何から手を付けて良いか分からない時や、パニックになった時には、まず葬儀会社に連絡をすると良いでしょう。状況に合わせて、どのような対応をすればよいのかを的確に教えてくれます。また葬儀もさまざまな金額で、幅広いプランが用意されています。故人の遺志を優先しながら家族や親族と話し合って、葬儀会社の担当者の意見も聞きながらどのようなプランにするのかを決定しましょう。

家族葬を急ぎで執り行う時の基本とは

亡くなった状況によって、家族葬を執り行う時に必要な書類や手続きなどは異なります。自宅や施設で亡くなった時は、死亡診断書の手配をしてもらえる医師に連絡をとってから、近親者や菩提寺へ連絡をします。病院で亡くなった時は、死亡診断書を医師から受け取ってから、近親者や菩提寺へ連絡をします。突然死などの時は、まず警察への連絡が必要となります。そして死体検案書もしくは死亡診断書を受け取って、近親者や菩提寺へ連絡をします。その他に必要なものは、印鑑や遺影に使用する写真です。しかしいざという時には、落ち着いて行動ができる人は少ないため、家族葬を急ぎで執り行いたい方は、まず葬儀会社に連絡をすると良いでしょう。必要な書類や手続き、さらに連絡先まで丁寧に教えてもらうことができます。

家族葬を急ぎでする際は、葬儀に参列しない方にも配慮しましょう

一般的なお葬式とは異なる様式の家族葬は、友人や知人を呼ばずに親しい人のみだけで葬儀を執り行うケースも多くなっています。そのため家族葬を急ぎで執り行う時には、チェックするポイントがあります。それはごく僅かな人数で家族葬を執り行った時に、後で訃報を知った人が自宅にお悔やみを述べに訪問して、対応に追われてしまい、葬儀に呼ばれなかったことで、文句を言われてしまうこともあるのです。そのため、家族葬に参列しない予定の人には、逝去のお知らせをする時に、家族葬を執り行うため参列を遠慮してもらう旨も同時に伝えましょう。故人の遺志又は、家族の事情という理由も添えるとなお良いでしょう。もし事前に連絡ができなかった時には、ハガキなどで葬儀後に速やかに上記の旨を伝えるようにしましょう。