家族や親族に突然の不幸があった場合に、葬儀を家族葬で行う方も多いでしょう。その際、急ぎで準備をしなくてはならないのですが、初めての事が多く何をしたらいいのか、どういう手順で進めればいいのか分からない方がほとんどです。もちろんその方がいいのですが、葬儀に慣れているのは葬儀屋くらいのものです。先ずは葬儀の喪主を決めなくてはなりません。喪主というのは葬儀全般における主宰者で、故人に弔問に訪れる人々の対応をするべき喪家の、代表者という立場となります。似たような役割で施主というのがありますが、こちらは主に葬儀に関わる金銭的な負担をしたり運営を担ったりするのが仕事です。ただし一般的には喪主と施主という役割は、同じ人物が請け負いますが、現代の高齢者社会では喪主が高齢である場合にその負担が大きければ、子供が喪主をやるという事も少なくありません。

家族葬を急ぎで行う際に知っておく事

喪主の仕事内容には、宗教的な祭祀である事から家族葬を急ぎで行う時でも重要となる宗教を決める役割や、葬儀後の供養に納骨、その後の法要に関しても、責任者として開催する義務があります。先のお話で喪主は亡くなったのが夫なら妻が、妻が亡くなった場合には夫がなるような説明をしましたが、実際のところ喪主を決める決め方に法的な決まりはありません。もしも故人から生前に指定があればその人が喪主を務め、特に指定のない場合には習慣や風習などに従うのが通例ですが、そう難しく考えずに家族や親族で話し合いをして決めるといいでしょう。できれば目安としても故人との繋がりや縁の一番深い人というのがあるので、先述のように夫婦のどちらかが喪主になれないという時には、その方の子供が長男や長女からの順で喪主を務めるというのが一般的な判断です

家族葬を急ぎで行う際に知っておく必要のある流れ

急な不幸などで家族葬を急ぎ行わなくてはならない時に、重要なのは他に流れを知っておく事です。先ずは通夜についてですが、喪主を始め親族は通夜の少なくとも一時間前までには、斎場に入っている必要があります。その際にお坊さんが入られる時には皆さんでお出迎えするのが礼儀です。受付を担当する方も、同じく一時間前までには斎場に来るようにして下さい。着席するのは通夜開始の15分前くらいが理想ですが、例えば小さなお子さんがいる時などは、無理に着席せずに自分の座る席を確保した上で式場の後方にいても失礼ではありません。式の後、親族は式場に残り故人との最後の夜を過ごすのが一般的です。次の日告別式は通夜と同じ流れで進み、前日お坊さんが中心となり供養が行われていたものが、喪主や親族が中心になり供養するという流れになります。この後出棺と続くので、流れを把握し分からないところは指示に従うようにしましょう。